柳生忠平

space.small.pngNEWSNEWSspace.small.png
WORKSWORKSBODYPLOFILESPLOFILES
space.small.pngEVENTSEVENTSOTHERSOTHERSspace.small.png

「妖怪製造装置の技師、もしくは絵描鬼」柳生忠平

「絵描鬼」として、妖怪たちとまじわる時間のつみかさねのなかで、わたしの妖怪観はおおきく変容しつつある。かつてのわたしにとって、妖怪というものは、憧れであり表現方法であった。どちらかというと、妖怪たちは、アートにかかわる自分の思いを表現し、かわりに演じてもらう想像力の器だった。
けれどもいまは、目にみえない「モノ」たちが呼ばわる声にこたえて、あたまのてっぺんからつま先まで全身これ一本の筆となり、ただひたすら妖怪のすがたを描きつづけることが使命だと感じている。またそれこそが、絵描鬼であるわたしの至福の悦びである。

妖怪を描くという営みに、どのような意味があるのかと問われれば、かえすことばはみつからない。妖怪絵というジャンルは、現代の文明社会のなかで、なにか役にたつことがあるだろうか。わたしには、わからない。ただ、直感的に理解しているのは、自分たちがいまを生きるこの列島の文化から、かれら目にみえないモノの存在をなくしてはいけない、ということだ。わたしはただ、いわば絶滅危惧種である妖怪たちに、絵図という視覚的なかたちをあたえることで、日々の暮らしのなかで、人びとがかれらの気配をすこしでも肌で感じられるようにしてみたいと、ねがっている。

「妖怪製造装置」というものが実在するのではないか、というのがわたしのアイデアである。それは、妖怪をはじめとする目にみえないモノたちをこころからうやまい、あつく信仰してきた人類の歴史という時間、またそうした存在を夢見る人びとの頭脳のなかにかくされてある。他界とかドリームタイムとよばれる非現実の世界と現実の世界のはざまから、母胎としての妖怪製造装置の出入り口が、現代のみなれた日常の空間へとぐにゃりとつきだしてくる。そこから、「タネヒト」「ツクモガミ」「人面」「百鬼夜行」といった、わたしが連作シリーズで描く、八百万(やおよろず)の異形の妖怪たちが産みだされ、増殖するのである。

小豆島は、八十八か所の霊場をめぐるお遍路の信仰がいまものこる、不思議な気配ただよう霊性の島である。海上の道をながれながれて小豆島に漂着した異人や来訪神やまれびとも、これからのわたしのテーマになるだろう。わたしは、妖怪製造装置をあやつる一技師でありたい。この島に生まれ、この島に根をおろす絵描鬼として、アートという職人技をつうじて、小豆島につたわる妖怪やカミガミの民俗の蒐集もふくめ、忘れられてゆく目にみえないモノたちの復権にもてる力をつくしたい。

Chubei Yagyu

名称未設定 5.jpgI like to call myself a yōkai artist. Yōkai is a Japanese term for preternatural creatures used in Japanese folklore to explain strange, supernatural or unaccountable phenomena. They have been used as motifs for toys and pictures since the 1600s and are often found as characters in popular manga or anime. Originally, however, I think that yōkai were closely linked to the night and darkness.
In a world without electric light, Japanese people feared what lurked in the darkness, sensing things with potentially dangerous powers in the night or in strange occurrences. Just as they associated light with the divine and worshipped it, they were likewise awed by darkness and aware of invisible movement within it.
Yōkai have been depicted as enemies of light, bringers of harm or simply as pranksters. Personally, I wonder if they aren’t some kind of messenger.
They attract me and also shape and inspire my means of expression.

■プロフィール

1976  香川県小豆島に生まれる
1998  宝塚造形芸術大学卒、叶匠寿庵にて和菓子の販促物パッケージのデザイン等に関わる
2005  絵描鬼宣言
2006  個展「忠平の妖怪絵展」(小豆島 オリーブの島郵便局)
    個展「柳生忠平の妖怪絵」(京都 ギャラリー青い風)
2006.11〜2007.2「旧坂出警察署お別れプロジェクト」(香川県坂出市 旧坂出警察署)
2007  個展「化々」(銀座 ギャラリー青羅)
2008  個展「宴怪」(京都二条 雨林舎)
2009  個展「宴怪」(東京 アトランティコギャラリーSHIBUYA・亀福)
2010  企画展「絵描鬼 柳生忠平展」(高松市塩江美術館)
    イベント「いただきさんアート号 - 柳生兄妹」(高松市 中央商店街)
    個展「宴怪」(大阪 ギャラリーあしたの箱)
    個展「宴怪」(高松市 sottoprodotto)
2011  個展「雨日和」(京都二条 雨林舎)
    企画展「妖怪絵図展」(高松市 TAG)
2012  グループ展「地平線」(中国上海 雅巣画廊)
2014  個展「百鬼創造」(南青山 Triplet)
2014 個展「百鬼創造」(南青山 Triplet)
2015 個展「百鬼楽々」(六本木 ストライプハウスギャラリー)
2016 第2次"日本藝術家駐台中計劃"『柳生忠平 妖怪繪圖「妖宴」』(台湾)

English

■Biography
1976  Born on Shodoshima, an island in Kagawa prefecture, Japan.
1998  Graduated from Takarazuka University of Art and Design
Worked for Kanoshojuan Co., Ltd., a Japanese confectionary, designing packaging.
2005〜 Artist
■Exhibitions
2006 Solo Exhibition: Chubei’s Yōkai Exhibition, Kagawa
   Solo Exhibition: Chubei’s Yōkai Pictures, Kagawa
Nov. 2006~Feb. 2007 Event:Sakaide Police Station Art Project
2007 Solo Exhibition: Bakebake, Seira Gallery, Tokyo
2008 Solo Exhibition: Enkai, Urinsha, Kyoto
2009 Solo Exhibition: Enkai, Atrantico Gallery SHIBUYA/KAMEFUKU, Tokyo
2010 Solo Exhibition: Ekaki Chubei Yagyu, Takamatsu city Shionoe Art Museum, Kagawa
   Event:Itadakisan Art gou - Yagyu brother&sister,Kagawa
   Solo Exhibition: Enkai, Gallery Ashita no hako,Osaka
   Solo Exhibition: Enkai,sottoprodotto, Kagawa
2011 Solo Exhibition: Amebiyori, Urinsha, Kyoto
   Group Exhibition: Youkai pictures exhibition, Tokiwa Art Gallery, Kagawa
2012 Group Exhibition: The horizon, Yard Gallery, Shanghai China
2014 Solo Exhibition: HyakkiSozo, Gallery Triplet, Tokyo

お問い合わせ先
住所 〒761-4101 香川県小豆郡土庄町甲267-61-3A  電話